Pointillism

Pointillism
点群データポリゴン化 Mayaプラグイン

Autodesk社の「Maya」はDCCツールとして高いシェアを誇るものの、点群データの取り扱いに関しては、「動作が重い」「ポリゴンとの重畳表示ができない」などの課題があります。
Mayaプラグイン「Pointillism(ポインティリズム)」は、Autodesk社のDCCツール「Maya※」で動作する点群モデリング支援ツールです。
Mayaへのインポートやオペレーション上の課題を解消します。大規模な点群データであっても動作は軽く、重畳表示も可能。インポートはMayaにドラッグ&ドロップするだけです。
点群データのモデリングを容易にするさまざまな機能を搭載し、ポリゴン化の作業効率を大幅に向上させます。

※Mayaのバージョンは2018、2019、2020、2022 に対応

Mayaで点群データを自在に操る

ノード数が増えると重くなるMayaでも、点群を軽々表示します。また、点群データの読み込みとMayaのオペレーションは別タスクで行われるため、読み込み中であっても編集が可能。大規模点群データの全景の確認も思いのままです。

他ツールとの連携機能

Mayaの座標系と異なる座標系やScale Factorも表現可能。Scalar→RGBへの変換も容易です。

データ読み込みに難しい設定は不要

データの読み込みはMayaにドラッグ&ドロップするだけです。ファイル形式はPLY、CSV、PTS、LAS、PTM※に対応します。(順次追加対応中)
※PTM:シーケンシャルロードに対応したオリジナルフォーマット

データ読み込みに難しい設定は不要

モデリングを容易にする機能

点群のカラー情報を引き継いだ自動ポリゴン化

平面の簡易生成

頂点の点群へのスナップ

隠れている点群の把握

点群に埋もれたポリゴンの正否把握

識別できない点群の浮上

点群ファイルの識別、表示の最適化


© Ignis Imageworks Corp

Pointillismに関するお問い合わせ

※ Pointillismは、イグニス・イメージワークス株式会社の日本国内およびその他の国における登録商標または商標です。
※ 記載されている企業名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭に戻る