BENZaiTEN - 不良判定用CG生成(機械学習向け教師画像)

BENZaiTEN - 不良判定用CG生成
(機械学習向け教師画像)

線傷、打痕、割れ(クラック)など、教師データに活用可能な不良画像を生成します

あらゆる素材が設定可能

傷をつける素材は自由に設定することができます。例えば、セラミック、金属のヘアライン仕上げ / サテン仕上げなど、テクスチャーの差し替えにより、あらゆる素材に対応します。テクスチャーと形状作成により、シリコンウエハーのような複雑な素材にも対応することもできます。

線傷CG作成画面

傷の種類・付け方、形状は自由自在

線傷CG作成画面2

パラメーターを自由に設定することで、大きさ、長さ、深さ、位置、角度など、あらゆる傷の形状を生成します。基本パターンの線傷、打痕、割れ(クラック)以外にも、3D形状で表せるものであればカスタマイズ可能です。ボトルやスマホケースなどの製品画像イメージにも対応します

光源設定でより一層リアルに

素材、傷は全て3D形状で表しているため、光源に対して正しい見え方で再現します。 光源の設定については、数、色、照射範囲、角度などをカスタマイズすることで、実環境に限りなく近づけます。

数万枚もの教師データを高速生成

自動ラベリング、ランダム出力機能も有しているため、1ステップで数千枚 / 時間もの画像の生成が可能です。

BENZaiTEN – 不良判定用CG生成はUnreal® Engineを使用しています。
Unreal®は、アメリカ合衆国およびその他の地域におけるEpic Games, Inc.の商標または登録商標です。
Unreal® Engine, Copyright 1998 – 2021, Epic Games, Inc. All rights reserved.

不良判定用CG生成に関するお問い合わせ

※ BENZaiTENは、シリコンスタジオ株式会社の日本国内およびその他の国における登録商標または商標です。
※ その他、記載されている企業名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭に戻る